ようこそ焼肉れすとらん大幸へ、大幸は年中無休で営業中。皆様のお越しをお待ちしております。

gomenu_520_90.jpg

 

私の発想:隙間の時間に運動をしていく

2カ月に1冊発行の「sports japan」のvol.29が届いてしまった。

 

テーマは≪タイミングが命!時機を見た「カラダづくり」≫

 

私は「ぴんぴんころり」が目標。

健康寿命を延ばすこと。

だから運動をしようと40歳のときに決意した。

まずはコツコツと「マラソン」。

そして、指導者に出会ってから「ロードバイク」。

昨年は「日体育協会」のコーチの資格をとった。

そうしたらこの「sports japan」が送られてくることになった。

 

ぴんぴんころりのために、まず私は運動をしようと思った。

それから話せば長いけれど、人間は必ず1度は早かれ遅かれ死が来る。

それは誰にも来ることだし、真実と私は思うから薬で延命治療をすることは辞めようと思った。

 

運動をする時間を作るのがとても難しいから、車を運転することもやめた。

10年、車を運転しなくても生きてこられたから、昨年免許証を返納し、歩いたり公共交通機関で生活をする選択をした。

できるだけ体にいいもの、混ざりものがないものを食べること。

食事や、化粧品、自分の周りに置くもの。

できるだけ自然に近づくように。

 

高齢者が要支援者になる原因としては、脳卒中、認知症、転倒・骨折が三大要因。

脳卒中の予防には有酸素運動が効果あり、血中脂質の状態を改善してくれる。

認知症の発症にも運動不足が影響を及ぼす。

転倒・骨折を防ぐためには筋力トレーニングが必要。

つまり、適度な運動やトレーニングが健康長寿には欠かせない大きな要素となっている。と、VOL.29、7ページに書いてあった。

 

ともかく時間を見つけて、運動をしようと思う。

健康寿命を延ばしたい。ただそれだけ。

運動にとって大事な9歳までに運動と縁がなかった私だからなお一層、今後も努力をしなくてはと思っている。

 

今日も宅急便のお兄さんに、「まちを歩いているんですか?腕を強く振って。」と、聞かれた。

そう、私はその時間がトレーニングの時間だから。

周りのみんなには時として笑われることがある。

 

私には、改めてトレーニングの時間はないから、私が歩くところ、仕事するところ、すべてがトレーニング場です。

すべてはぴんぴんころりのためになのです。

 

まだまだ実験中!

YAKINIKU RESTRANT DAIKO

枯れ葉剤被害者マラソンで支援

枯れ葉剤と聞くと、遺伝子組み換え大豆の会社と枯れ葉剤を作っていた会社が同じ?と以前東松山で枯れ葉剤についての勉強会をしたとき耳にした記憶がある。

 

それからは、私は納豆を買う時に国産の大豆を使ったものを敢えて買うようにしている。

 

東松山において、「ベトナム民族アンサンブルコンサート」が開催された時、枯れ葉剤によるベトナムの被害者の苦悩も知る機会があった。

今、観光業等、経済発展しているベトナムです。

そういう被害者については隠そうとしていると耳にしました。

 

そういう思いがある私なので、1月9日の朝日新聞の38面の記事には私の心に灯がともった。

早速東松山で以前コンサートを企画した方にこの記事を見てもらった。マラソン発起人の写真家の中村さんについても良く知っていられた。

 

私は走るのはただ走ることだけが目的ではない。私が走ることで何か役に立てること。外国にはいろいろ行きたいけれど、ただの観光だけでは行きたくない。

早速、問い合わせ先に聞いてみた。

 

企画がはっきりしたら私にも連絡をもらえるらしい。

 

「オレンジマラソンの会」

沢山の賛同者が出来て、スポーツで誰かを助けられるように!私の小さな力を発信します!日本体育協会公認コーチとして。

 

 

YAKINIKU RESTRANT DAIKO

コンプレックスを挽回したい

私のコンプレックスはなんだ?と娘に聞いた。

??

私は2つある。

‖琉2.

外国語が話せない。何を言っているかわからない。

生涯にこの2つを解決したいと思っている。

 

,砲弔い討漏里に運動神経の発達がいまだに不完全と思う。

しかし、近年の私のみを知る人は「RAN」・「ロードバイク」・「ノルディックウオーク」の姿を見ると運動大好きと思ってもらえる。実はそうではなく、いまだに生傷の絶えない私なのです。

わたしはいつも言うけれど、「ぴんぴんころり」が目標。最後は「老衰」でこの世を卒業したい。それには足腰を鍛えなくてはいけない。そして、なるたけ太り過ぎないように、身体によいものを口にしたい。

これが私のすべてです。

指導者もなく一人走って、ホノルルマラソンにも挑戦した私は、やはり指導者が必要だと思った。

そこに現れたのが、プロロードレーサーの相沢康司さんだった。私に自転車を教えてくれると言ってくれたので、必死にしがみついてきた。

ある日、こ〜ぢさんが「日本体育協会」のコーチの勉強をしませんか?と誘ってくれた。

何もわからないから、「はい!」。

そして、私は本当に必死で勉強したり試験を受けた。

今までで「一番はらはら」して、「一番勉強」をした。

 

今は公認コーチの仲間入りができた。

だから?日本体育協会から「sports japan」という雑誌が届いた。

私の周りにそういった雑誌はなかったし、買ったことがなかったので夢のように思えるし嬉しかった。

 

そこで私は端から端まで読もうと思った。

VOL.28

巻頭コラム 橋本聖子さんだった。

私は嬉しかった。

いったい私がこの資格を持っていて、「何か役に立つことがあるのかな?」と思うことがあったけれど、「女性アスリート支援=女性スタッフ充実にほかならないからです。」とか「壮大なスケールでお考えいただけば、きっと大きなやりがいにつながるはずです。」といった文面が目に入った。

 

きっと「体育2」だった私だから、何か私が誰かの力になれることがあるに違いないと思える。

そして、これからスポーツをしていく若者に、焼肉屋だからこそアドバイスできることもあると思う。

 

私の公認コーチの可能性を是非引き出せるよう使ってください!

 

YAKINIKU RESTRANT DAIKO

飲酒運転いたしません・させませんお約束カード

年末、お酒を飲んで車で帰ろうとしたお客様に何とか飲酒運転を留まるように説得するが本当に大変だった。

このことはすでにブログに書いたけれど、その時私はこれからずっと「大幸はキライダ!」と言ってそのほかのお客様がだれひとりこなくなってしまっても、このお客様の飲酒運転を見過ごすことはできなかった。

腹を据えて対応をさせてもらった。

私の対応にあり難いことに、そのお客様の口から「代行を呼んでください!」というお言葉を頂戴できて、無事お客様が代行車に乗ったのを見届けお見送りができた。それには代行車の会社の方の大きな協力もあったけれど。

 

そして、私は元旦からまずは手書きで、「飲酒運転いたしません・させませんお約束カード」をアルコールをご注文されたテーブルにもっていって、サインをしてもらうように決意した。

私の「今年の誓い」だ!

また、お客様に叱られるかなとも思ってしまった。

それでもいい。

と私は覚悟してそのことを始めた。

 

もう、9日目です。

 

お客様のどなたも、私の心配をよそに、「いいことね!」といってサインに協力をしてくれる。

 

当たり前のことを、当たり前のように協力してくれるお客様に私は今まで以上に頭が下がる思いです。

飲酒運転がもとでの事故が0となることに大幸からの発信が少しでもお役に立てたら幸いです。

 

皆様、これからもご協力よろしくお願いします。

YAKINIKU RESTRANT DAIKO

2020東京オリンピックを意識して

大幸の箸袋が新しくなりました。

 

[0m0tenashi]の文字

[桜]の文様

[ 箸の使い方図解]付

 

たかが箸袋ですがいろいろ考えました。

すぐゴミになってしまうのがもったいないようです。

大幸にいらっしゃったらじっくり見てください!

 

 

YAKINIKU RESTRANT DAIKO

大幸のグランドメニューご覧ください!

大幸のグランドメニューが新しくなりました。

大幸の思いがたくさん詰まったメニュうーです。

 

ご注文の合間に是非熟読くださいね!

YAKINIKU RESTRANT DAIKO

今年もお正月から焼肉を食べに来てくれてありがとう!

2017年が明けて、あっという間にもう三が日が過ぎてしまった。

 

元旦から予約のお電話をいただき、大幸は本当にあり難い限りです。

お正月もどこか遠くにある私たちですが、こんなにお客様に来ていただけてうれしいし、「おいしい」って言って帰ってくれることがどんなに励みか!

やっぱり私はこうして、大幸で働くことが好きなんだな!!と思う。

 

今日、「オーガニックに力を入れているのですね!」というお客様。

「ブログ読みましたよ!」「大変でしたね!」と飲酒運転の記事をお話したお客様が、私の心に特に響いたお客様でした。

この取組はどちらも大幸でなくてはない話題だったから。

 

今日も大幸の中を駆けずり回った。

今日はいったい何キロやせたかな?

今日もお客様のたくさんのご協力のお蔭で、私はとっても満足な1日だった。

朝起きて、2時間後は大幸にいた。

それから座ったのは15分ぐらいだったかな?

ご飯をこそこそ食べて、時たまお茶を飲んで、まだまだ今日中にやりたいことあるけれど、今日はこの辺で。

遅くなったけれど、これからのんびりご飯を食べる。

胃袋には良くない時間だ。

明日、また目が覚めたら大幸です。

こういう日々の来り返しが幸せなんです。

YAKINIKU RESTRANT DAIKO

「飲酒運転をしないこと」と言わなくても「飲酒運転ゼロ」に!

飲酒運転は絶対やってはいけないこと。

みんな知っているよね!

 

飲酒運転を勧めることもいけないことも知っている。

 

大幸に来てくれるお客様も、「焼肉とビール」は付き物と思う方は多い。

けれど、我慢してソフトドリンクにしたり、ノンアルコールで我慢している方も多い。

そんな光景を大幸でいつも見ている。

 

大幸ではアルコールをご注文されると、「帰りの足は?」とお聞きする。

「歩いてきました。」とか「代行を呼びます。」

あるいは「車の運転はされないですね!」とも聞くこともある。

うるさいな!と思われるかな?

当然と思ってくれているかな?

 

「大丈夫」と答えられるときもある。「何が」大丈夫なのかと思う。

 

代行を呼ぶとしても、夜7時とか8時からでなくては連絡をつけられないのが東松山の現実。

昼間は代行は呼べない。電話さえ通じない。

 

大幸以外のよそのお店では車で来たお客様との会話はどのようにしているのだろうか?教えてほしい。

 

 

埼玉県警察総合相談センターというところがある。

私は飲酒運転について聞いてみた。

私の解釈が合っているか間違いがあるかはわからないけれど、

飲酒してから24時間は飲酒運転。もちろん飲む量にも関係するけれど。

 

先日、大幸であった話。

2時頃大幸にご来店されたカップルが2人とも生ビールを注文してくれた。

 

もしや飲酒運転?

それは私には許せないこと。

帰りの足をお聞きしたら、便利な言葉。

『大丈夫す!』

昼間、お客様が少ない時間だったからできたかもしれないけれど、私は本気でそのお客様に向き合った。

 

うるさいことを言って2度と大幸に来ないとおっしゃられてもいい。覚悟をした。

そのお客様が万が一これから何か事故でも起こしたり、ご本人が飲酒運転でお家に帰れなくなっしまったり、がないことを念じた。

そのために「私」でなくてはできない行動に出た。

 

お客様が大丈夫と言ってアルコールを飲んでいるから、一応「帰りの足」を尋ねた。

何度聞いても「大丈夫」という答え。

しばらくは他のお客様と同じ様に接した。

 

ただし、お会計のとき、もう一度「帰りの足は?」と質問した。

すると、まさかの答え。

「車を運転して帰る」という思いがけない答えが返ってきた。

 

私は心に思っていた言葉。覚悟の言葉を述べた。

「お会計はできません!」ときっぱり言った。

「そうであるならお金はいただけません!」

押し問答。

 

すると、「しばらく車で寝て帰るから」お会計をしてくださいと言われた。

 

それでは「鍵をください。」

明日の14時が来ましたらお返しします。

お酒を飲んでから量にもよりますが埼玉県の相談センターから「飲酒運転は飲んでから24時間」、という回答をいただいている。24時間経たないと、飲酒運転だと聞いています。

 

大幸もほう助ということで飲酒運転をみすみす許すことはできません。私が許せない。

 

おおまかにこんなやり取りから最後にお客様は「代行を呼んでください!」と自ら言ってくれた。

しかし、夜7時、8時でなくては代行は通常動いてくれない東松山地区。

 

それから私は知っている限りの「代行」に電話をかけ続けけた。

どこも、電話さえ出ない。

ついにあり難いことに、一軒だけ電話がつながった。

 

日頃の大幸の利用実績からご無理を聞き入れてくださって、昼の2時半なのに運転手を探してくださった。

 

大幸でアルコールを飲まれたそのお客様のお口から「代行を呼んでください!」と言われ、私もその言葉に応えることができました。

そこまでにだいぶ時間がかかったけれど。

 

私は、決まりを守ること。

警察に告げ口はしたくない。

そして、大幸も今日もいつも通りの営業をすること。

 

もしということはないけれど。

お客様が大幸に来たことで、いつもと違う日常にならないこと。

かけがえのない命が大事な命の役目を果たせないようなことに出くわすことにならないこと。

新聞紙上を飾ってしまうようなことがないことを私は大幸に来てくれたお客様に願う。

 

日頃より、沢山のお客様

私のささやかな願い。

飲酒運転によるまさかの事故の加担を私はしたくない!という願いをかなえてくださってありがとうございます。

ご協力ありがとうございます!

 

本当に口のうるさいお店です。

融通の利かないお店です。

 

お店ってそこまでする必要ないのかな?

でも、もしはないけれど、私が被害者になった時を想うと黙っていられない。

どなたも赤ちゃんの時があって、お母さんは必至で私たちを産んでくれ、そだててくれた。

それはそれは誰もがかけがえのない命。

 

すべての人が自分の良心のもとに飲酒運転ゼロにしましょうよ!

YAKINIKU RESTRANT DAIKO

今日も良い一日だった!

2016年12月23日祝日で金曜日。

今日はあらゆることで非常に満足をした1日だったので、大幸の今日の閉店時間からだいぶ時間が経つけれど今だ興奮が冷めない。

 

今日の仕事を振り返ってみた。

 

私が満足している訳は、あらゆることに120%で臨めた結果だと思う。

一方、私は康司さんに大幸の一部を大幸が貸すきっかけを私が作ったことに、これでよかったのかという気持ちが突如非常に大きく感じられる日でもあった。

もし、

ということはすべてにおいてないのだけれど、確かに私が作ったきっかけによって、多くのロードバイクの選手を目指す若者に、大きなチャンスを作る場ができたことには間違いはない。

そして、私はこ〜ぢさんの生き方を傍で見ながら、身をもって120%頑張るということを教えてもらった。

100%頑張るということは知っていたかもしれないけれど、120%頑張ることは私は知っていなかった。

だから、やっぱり大幸の一部を康司さんに貸して私はよかったのです。

 

今夜イチロー杯についてのニュースを見ていても、「自分の限界はみんな自分で解るけれど、限界よりもうちょっとがんばってみよう!いつも。」そんな言葉を野球のイチロー選手は言っていた。

一流になれる人はみんな同じにそう努力をする人なんだ!と私はなだらかにその言葉が心に滲みた。

 

そして、今日の私の仕事はそうだった!と思った。だから私は非常に満足なんだ!

まだ限界ではなかったかもしれないけれど、かなりハードな計画を私はした。

パートさんを頼めばよかったかもしれない。ただ、年末のかなり非常に忙しい日にお願いするよう心掛けなかったら、パートさんを休みなしで頼むようになってしまいます。パートさんにもお休みを作らなくてはならない。

自発的に私は「今日はなんでかんで頑張ろう!」と細い橋を渡る気持ちもあるけれど自分を信じた。

 

朝8時から私は大幸に出勤する。

レジのこと。

彩来留縁び(サイクルむすびというおにぎり)のこと。

コインランドリーの両替のこと。

 

一度家に戻り、いわゆる家事を1時間。

 

再度10時半再出勤。

《まず、私の為の林檎の「ジュース」を作る。》

開店するや否や朝のコーヒーを楽しみにしているお客様ご来店。

お客様のお食事中を見計らって、昨日の伝票をもとにパソコン。

近くの会社の常連の社員さんご来店。ご飯を盛り盛り、祭日出勤、働き盛りなのだろう!!

ドリンクバーを楽しみにしているお客様ご来店。

東京から大幸を目的地にしてロードバイクで北風に向かって走って来てくれたお客様ご到着。追い風に日の暮れぬうち東京に帰れたかな?

《私の食事用のご飯を準備。たぶん今日は食事の時間は取れないだろうから、「細かく切り刻んだ」具で混ぜご飯にする》

初めて見えたお客様が、キムチがとってもおいしいって「自家製キムチを大絶賛!!」また来てくださいね!!

《社長に御用のあるお客様ご来店》

2時を回っても私にとったらゴンゴンお客様が来てくださる。

《こ〜ぢさんの生徒さんが食事に来てくれるかもしれないから、私の一存で準備。13席をご予約席に。》

《私の弟が用事があるから会いにくるという約束をしてあった。約束の時間が間近になったので、私は特製ランチを物陰でこっそり口に含み、お客様に気づかれないように飲み込む。今日初めての食事。》

弟来店。久々の世間話。

ベルナール自転車学校の今日の生徒さん全員食事に来てくださる。

《社長に御用のあるお客さまご来店》

《私は食べかけの特製ランチをともかくお客様に気づかれないよう完食。「何食べているの?」とこ〜ぢさんの子らには気づかれてしまった。》

 

後2時間半で今夜のご予約の20名様がいらっしゃる時間になってしまう。≪ちょっぴり焦っている≫

宴会場に行きっきりで準備をする時間がないことを私は察知した。

『秘策』が湧いた。

まだ2時間ある。その間少しずつ何度も足を運んで準備したらいいのです。

 

お客様のお水を出したら、その足で宴会場に行って鉄板の下の水受けにお水を入れてくる。

お客様の鉄板を入れたら、その足で宴会場に行って鉄板を入れてくる。

お客様にお箸を出したら、その足で宴会場に行ってお箸を並べてくる。

お客様に小皿を出したら、その足で宴会場に行って小皿を並べてくる。

お客様にたれを出したら、その足で宴会場に行ってたれを置いてくる。

 

舞台裏に行ったら、役者さんが大急ぎで衣装の早変わりをするように、私も宴会場に行ったら5倍速ぐらいに足早で仕事をし、お客様の所にもどっても、息が切れていても全く息切れを感じさせないように演技。

 

1時間前には予約のお部屋の準備は無事完了!!

 

ほっとする間もなく突然宅配便で「生牡蠣」というおいしいお客様がご到着。

なぜか常温?

それから私は大慌てでなべに牡蠣を並べて、酒蒸しにした。

箱の外からなんだか生臭く感じたので、本当は生でいただきたかったけれど。

大好物の牡蠣をむさぼるように、私は大急ぎでパクパクといただいた。

こんなにたくさんプレゼントしていただいたので、おいしいうちに食べたほうがと思ってせわしい時間に更に慌てながら。

贈ってくれた方にはもっとゆっくり味わって食べて!と言われるかもしれません。

たぶん私の大好物の牡蠣に目がくらんでいたのでしょう!!

 

ご予約の時間には焼肉も行き渡り、朝からのドタバタもお客様にはたぶんわからずに「いろいろ心配りの準備をしてくれてありがとう!」と感謝の言葉もいただけて今日も無事れすとらん大幸は閉店時間を迎えることができました。

 

それから、私はコインランドリーふわふわに行って両替仕事が待っていてくれました。

もう私をせかす用事はありません。あわてることもなく仕事ができます。

両替金がなくなって赤ランプもついていなかったし、よかった!

 

今日は一人だから忙しいだろうと朝から予想をし、ご飯を食べる間もないだろうと覚悟もした。

準備をした朝のリンゴジュースで十分喉を潤せた。

噛む時間さえも惜しいと思ったので細かく刻んだ混ぜご飯をとりあえず胃袋に入れられたし、大きなおまけの牡蠣がお口にはいって!

 

更には多くのお客様からたくさんの嬉しいお言葉をいだいたし、忙しかったけれど、それぞれのお客様とそのお客様としか話せない「会話」もすることができた。

 

私は全く疲れなかった。心はとても満たされ、あと8日風邪もひかずに元気でいられたら、私は1年間元気でしたと言える。

 

どんなに忙しくても、どんなに仕事が長くなってしまっても、そしてご飯をゆっくる食べられない日が在っても、私はこの大幸で働くことが「心から好き」だ!と今日1日を振り返って新たに気づき、更には確信をした。

 

ご飯食べに来てくれるということは、あとで!!ということはない。

今、今日大幸でご飯食べたいから来てくれるのだから、そのご期待に応えねば、頑張らねば、いったいいつ?

今、今日なんだ!

 

今日も良い一日だった。

明日も、明後日も・・・

 

ありがとうございました。

YAKINIKU RESTRANT DAIKO

ゆっくりの時代になる前に、心の忙しい私より

もういくつ寝るとお正月!

そんなフレーズが聞かれる頃になってきた。

 

今年、私は出かける用事をすべて!とは言えないけれど、私にしたら99%カットして、静かに生活をしてきた。

それでも心は忙しくここに登場するのは何日ぶりだろうか?

 

その間に私が本当はここに書きたかったことが4つあった。

|羈慇犬凌Χ搬慮海里海函

△気い燭淹圓妨内ではあたらしく周産期センターがオープンしたこと。

2C琶眛擦琉嫐。

け薪礁筏証の事

 

,話羈慇牽街察9盥1校。から問い合わせがあった。そして、大幸で研修してもらうのですがいろいろと思うことがありました。

△肋子化、女性の社会進出。働く女性と出産の時期と周産期センターの必要性とかを想った。

私は生活をしている中で歩くことを心がけている。その中で、横断歩道で立ち止まっているときに止まってくれる車が本当に少 ないと常々思うことが良くある。交通規則って何なのだろうか?と思ったりする。

せ笋榔薪礁筏証をこないだの書き換えの時に自ら返納した。警察で「いいのですか?」と何度も確認された。私は自分が加害者に なることが在ったら自分の人生も大変なことになってしまうから自分の意思で返納を決意した。

 確かにいろいろ不便なこともあるけれど、高齢になってから急に車の運転が出来なくなることの方が大変だと思う。私はできるだ け歩いてできるだけ健康寿命を伸ばそうと思っている。

 

簡単に書くとこんなことをいつも思っていた。

 

今朝のテレビを見ていても、これからの時代はゆっくりの時代になるそうです。

大幸でももっとゆっくりと仕事をする予定で平成2年に改装したのに、自分が思うことと反対なことが実際はおきてしまうものだったな!

 

YAKINIKU RESTRANT DAIKO


大幸のごあんない

daiko_banner_02_200_640.jpg

大幸のおすすめ

自分のお席で美味しい生ビールが注げます。バトルサーバーD1

大幸の取り組み

マイ箸持参プラン発信の店

ジャンボランドリーふわふわ

fuwafuwa_200_660.jpg

thanksdaiko_200_730.gif

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ゆっくりの時代になる前に、心の忙しい私より
    ともや
  • ゆっくりの時代になる前に、心の忙しい私より
    孝子
  • ゆっくりの時代になる前に、心の忙しい私より
    ともや
  • ゆっくりの時代になる前に、心の忙しい私より
    孝子
  • ゆっくりの時代になる前に、心の忙しい私より
    ともや
  • 遺影撮影会「誕生日・今年一番の笑顔」を!
    火曜日の男
  • 福島康司ボンシャンス海外コーチ就任のお祝い
    孝子
  • 福島康司ボンシャンス海外コーチ就任のお祝い
    satowa konno
  • 福島康司ボンシャンス海外コーチ就任のお祝い
    daisuke-p
  • 福島康司ボンシャンス海外コーチ就任のお祝い
    だいすけ、がんばれ

recent trackback

links

search this site.

others

mobile

qrcode

大幸はこ〜ぢを応援しています

daiko_banner_03_200_330.jpg